楽天・嶋 持病の腰痛で出場選手登録を抹消 病院で診察を受ける予定なし

[ 2019年8月16日 19:42 ]

楽天の嶋
Photo By スポニチ

 楽天・嶋基宏捕手(34)が16日、腰痛で出場選手登録を抹消された。数日前から持病の腰の痛みが再発し、球団によると「昨日(15日)は練習できないレベルの張りと痛みがあったため、試合には出られないと判断した」と説明した。病院で診察を受ける予定はなく、回復状況を見極めながら戦列復帰を模索していく。

 今季はここまで57試合に出場しているが、若手捕手に経験を積ませるために先発出場の機会は減少していた。もともと腰に不安を抱えており、6月7日に腰の強い張りで出場選手登録を抹消された。7月6日に1軍復帰し、約1カ月ぶりにスタメン出場した8月12日のオリックス戦(楽天生命パーク)は先発・岸を好リード。則本昂が先発した14日のソフトバンク戦(同)は、4回の守備から途中出場した。平石監督は「若い選手が経験を積むことは大事だけど、(嶋)基宏の力は絶対に必要」と話していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月16日のニュース