DeNAパットン、CSまでに復帰目指す「6~8週間で戻れれば」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

横須賀市内の2軍施設でリハビリを行い、取材に応じるDeNA・パットン
Photo By スポニチ

 冷蔵庫を殴打し右手を骨折したDeNA・パットンが、クライマックスシリーズまでの復帰を目標に定めた。この日横須賀市内の2軍施設で下半身を中心としたトレーニングで汗を流し「経過は順調。指も少しずつ動かし始めている」と語った。

 3日の巨人戦で降板後に冷蔵庫を殴り、米国で9日(日本時間10日)に整復手術を受けた。「骨がくっついて投げ始められればすぐにチームに戻りたい。6~8週間で戻れれば」と10月初旬の復帰を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月16日のニュース