巨人・桜井、阪神・近本&福留を警戒 16日先発へ調整

[ 2019年8月15日 17:54 ]

キャッチボールを行う巨人・桜井
Photo By スポニチ

 巨人・桜井が15日、川崎市ジャイアンツ球場で残留練習に参加。先発する16日阪神戦(東京ドーム)に向けてキャッチボールやダッシュで最終調整を行った。先発10試合で7回のクオリティースタートと安定感を見せる右腕は「ずっと(状態は)いい感じなので、これを維持できる、最後までローテーションで投げられるようにやっていきたい」と力を込めた。

 先発での阪神戦は2試合で2勝0敗、防御率1・93と好相性。「(警戒ポイントは)全体的に言えば機動力。近本を出さないように。福留さんにやられているので、リベンジできるようにやっていきたい」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース