巨人・小林 広陵時代の相棒・広島野村撃ち3年ぶり打点「戦いは続く」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7-1広島 ( 2019年8月14日    マツダ )

4回、高校時代バッテリーを組んだ野村(左)から先制タイムリーを放った小林(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・小林が4回1死二、三塁から左前に先制の適時打を放った。広陵時代にバッテリーを組み、07年夏の甲子園で準優勝した野村から3年ぶりの打点。好リードした菅野を援護し「打てて良かったです。戦いは続くと思うので、みんなでより一層、一つになって戦いたい」と今後の戦いを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース