ソフトB首位固め 今季最多19安打で6連勝!4人スタメン入れ替え楽天・則本昂攻略

[ 2019年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク12-3楽天 ( 2019年8月14日    楽天生命パーク )

ヒーローインタビューで笑顔の福田(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは今季最多の19安打を放ち、12得点の大勝。今季2度目の6連勝とし、首位を固めている工藤監督は「出た選手がとにかく役割を果たしてくれていることが一番」とご満悦だった。

 前日から4人スタメンを入れ替え、則本昂を攻略。初回、2試合ぶりに先発した1番・福田が右翼線二塁打を放つと、同じく2試合ぶりに先発した2番の中村晃も右翼線に先制適時三塁打を放った。「追い込まれていたのでセカンドゴロでもいいと思って積極的に行った」。同点とされた直後の3回にはグラシアルが勝ち越しの21号ソロを放ち、6回まで毎回得点を奪った。シーズン終盤に入り、ケガの福田や中村晃、キューバ代表で離脱していたグラシアルらが戦列に復帰。充実の布陣が整いつつある。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース