日本ハム・清宮 2戦連続4番も好機で代打送られ…「立ちたかったけど、仕方ないです」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4-9ロッテ ( 2019年8月14日    東京D )

3回、2死二塁で清宮は空振り三振に倒れる(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 2試合連続で4番で先発した日本ハム・清宮は7回に3試合連続安打となる右前打。だが6点を追う8回に2点を返し、なお2死満塁の場面では代打・横尾を送られ「立ちたかったけど、(初回は)チャンスで凡退していた。仕方ないです」と悔しさを押し殺した。

 またプロ初の1軍昇格で「9番・左翼」で先発したドラフト4位の万波は3打数無安打2三振。「1軍は甘いところにはこない。自分のスイングができずに悔しい」と唇をかんだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース