鶴岡東・影山、8回途中4失点「冷静に自分のリズムを心掛けた」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第9日2回戦   鶴岡東9―5習志野 ( 2019年8月14日    甲子園 )

<習志野・鶴岡東>8回途中まで4失点に抑えた鶴岡東・影山(撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 鶴岡東(山形)は2投手の継投で逃げ切った。8回途中まで4失点と粘った影山は「気を抜くと、相手の流れになる。冷静に自分のリズムを心掛けた」。

 安打を浴びてもビッグイニングをつくらせなかった。2番手の池田は救援直後に連打を食らったが、動じることなく試合を締めた。習志野の粘り強い攻撃を後押しする、「美爆音」と称される大音量のブラスバンドにも「応援はでかかったが、投球には影響はなかった」とさらりと振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース