鳴門、つないで2戦連続10安打 塩唐松主将「鳴門らしい粘り、意地を見せられた」 

[ 2019年8月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第9日2回戦   鳴門5―8仙台育英 ( 2019年8月14日    甲子園 )

<鳴門・仙台育英>4回、左前2点適時打を放った鳴門の2年生・納田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 鳴門(徳島)は1回戦に続いて10安打を放った。0―6で迎えた4回は失策で走者が生きたのを足掛かりにバント安打や中軸の連打、下位打線の長打など一丸の攻めで5点を奪い、1点差まで詰め寄った。

 左前適時打を放った2年生の納田は「ここぞでタイムリーを打てたのを自信につなげたい」。序盤から失点が重なったが、塩唐松(しおからまつ)主将は「1点ずつ返して、つなぐ気持ちがあってビッグイニングがつくれた。鳴門らしい粘り、意地を見せられた」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース