侍ジャパン稲葉監督 台湾プロ野球視察へ出発 現地で4試合チェック

[ 2019年8月15日 08:45 ]

台湾視察に出発する(左から)侍ジャパンの建山コーチ、稲葉監督、井端コーチ
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が15日、台湾プロ野球視察のために羽田空港から台湾に向けて出発した。

 建山義紀投手コーチ、井端弘和内野守備走塁コーチらが同行。現地では4試合に目を光らせる予定になっている。

 侍ジャパンは今年11月に開催される第2回プレミア12で台湾とグループBで同組。1次ラウンドは現地台湾で開催される。

 稲葉監督は「台湾は“打高投低”の傾向が強い。そのあたりもチェックすることになると思う」と話した。

 9月には韓国プロ野球を視察する予定になっている。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース