熊本工、9回1点差まで追い詰めるも…4失策で16強ならず 田島監督「浮足だってしまった」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第9日2回戦   熊本工5―6関東第一 ( 2019年8月14日    甲子園 )

<関東第一・熊本工> 試合に敗れ、悔しそうな表情を見せる熊本工ナイン (撮影・後藤 大輝)   
Photo By スポニチ

 熊本工は4失策と守備が乱れて06年以来の夏2勝はならなかった。田島圭介監督は「ミスが絡んでの失点が全て。大久保くんに二盗、三盗と仕掛けられて見えないプレッシャーがあったのかな。浮足だってしまった」と肩を落とした。

 それでも1点差まで追い上げ意地は見せた。山梨学院との1回戦でサヨナラ本塁打を放った山口は7回に左前2点打。「楽しかった。あっという間に時間が過ぎていった」と充実感をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月15日のニュース