日本ハム泥沼9連敗で5位転落 3カード連続3タテ食らう ロッテは佐々木が2勝目

[ 2019年8月15日 21:21 ]

パ・リーグ   日本ハム0―6ロッテ ( 2019年8月15日    東京D )

2回2死満塁、荻野に走者一掃の適時二塁打を許す杉浦 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線がつながりを欠いて完封負け。泥沼の9連敗で5位に転落した。

 先発の杉浦が2回に2死満塁のピンチを招き、荻野に走者一掃の適時二塁打を浴びていきなり3失点。4回に平沢の適時二塁打、5回には2番手の公文が井上に適時打を許して点差を広げられた。

 打線はロッテ先発・佐々木に抑えられ、5回までわずか3安打。6回以降もわずか1安打に終わり、散発4安打で完封負けを喫した。これで8月に入って1勝12敗。6~8日のオリックス戦、10~12日のソフトバンク戦、13日からのロッテ戦と3カード連続で3タテを食らい、5位に転落した。

 ロッテは先発の佐々木が5回3安打無失点の好投で2勝目。2番手の中村稔も3回1安打無失点の好投を見せ、打線も13安打6得点で快勝を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月15日のニュース