阪神・ガルシア 中5日で18日G倒へ 汚名返上の快投に期待

[ 2019年8月15日 08:05 ]

阪神・ガルシア
Photo By スポニチ

 阪神・ガルシアが中5日で18日の巨人戦(東京ドーム)に向かう可能性が高まった。

 11日の広島戦に先発した望月が4回2/35失点で降格。2軍で状態を上げている岩貞を筆頭に昇格組を抜てきする当初案は見送られ、7回4失点で6敗目が付いた12日の中日戦から間隔を詰める見通しだ。10試合連続未勝利だけに汚名返上の快投に期待だ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月15日のニュース