楽天 12失点大敗で自力V消滅 則本昂が乱調4回6失点「チームに申し訳ない」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3-12ソフトバンク ( 2019年8月14日    楽天生命パーク )

3回2死、グラシアルに右越えにソロ本塁打を打たれた則本昂(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天は首位・ソフトバンクに12失点の大敗を喫し、自力優勝の可能性が消滅した。

 先発・則本昂が4回10安打6失点と大乱調。立ち上がりから制球に苦しみ、修正できないまま今季最短KOとなり「チームに申し訳ない」と悔しさをにじませた。5回以降も失点を重ね、被安打19は今季ワーストタイ。平石監督は「一方的な試合になって申し訳ない。(自力優勝は)復活するかもしれないので、ここで立ち止まるわけにはいかない」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月15日のニュース