日本ハム・王柏融、価値ある同点犠飛 栗山監督「あそこで打つのは難しい」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   日本ハム3―3ソフトバンク ( 2019年4月9日    長崎 )

7回1死二、三塁、左犠飛を放った王(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 日本ハムは1点を追う7回1死二、三塁で、王柏融(ワンボーロン)が左腕モイネロから同点の左犠飛。その後は勝ち越せず、延長10回に突入したところで3―3の降雨コールドゲームとなったが、2連敗中だったチームを救う一打に「絶対に外野までは打球を飛ばそうと思っていた。最低限の仕事はできたので良かった」と納得の表情。

 栗山監督も、「あそこで犠飛を打つのは難しい。あれはボーロンの技術」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース