ヤクルト村上、プロ初猛打賞 打率最下位に発奮「自分のスイングできた」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト10―1広島 ( 2019年4月9日    マツダ )

3回1死、村上は右越えにソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・ヤクルト・村上が2年目で初の猛打賞。打線をけん引し、チームは今季初の2桁得点を記録した。3回1死からジョンソンの高めの148キロをフルスイングし、右翼席中段へ4試合ぶりの2号ソロ。「初球から打とうと思っていた。大振りすることなく、しっかり自分のスイングができた」と振り返った。

 初回2死一、二塁では右前適時打を放っており計2打点。5回にも右中間二塁打を放ち、試合前まで打率.103でリーグ規定打席到達者33人の中で最下位だったが、3安打の固め打ちで同.176まで上げた。「一打席一打席結果を残そうと思っている。修正して試行錯誤しながらやっている」。守備でも初めて一塁で先発し無難にこなした。19歳には伸びしろがある。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース