DeNA上茶谷またもプロ1勝持ち越し 逆転負け目の当たり「のみ込まれるような雰囲気」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA8―12阪神 ( 2019年4月9日    甲子園 )

2回、大山(右)に投げ込む上茶谷(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ドラフト1位・ドラフト1位・上茶谷のプロ初白星はまたも持ち越しとなった。守備のミスもあったが6回3失点と粘った。7回も一度はマウンドに上がったが、左の代打が出たため勝利投手の権利を持ったまま降板。「のみ込まれるような雰囲気だった」と、甲子園での逆転負けを目の当たりにした。

 2日ヤクルト戦も6回1失点で白星はお預け。「2死から四球を与えたり、球が高めに浮いてしまった」。不運を嘆くより、反省を忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース