京都フローラ 1点差で競り勝ち 中村がV打「絶対に打つという気持ちで」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

日本女子プロ野球   京都フローラ2―1愛知ディオーネ ( 2019年4月9日    わかさスタジアム京都 )

<愛知・京都>V打の中村茜選手
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ春季リーグは、京都フローラが競り勝った。3回、押し出しで1点を先制。6回に同点とされたが、7回2死一、三塁で5番・中村が右前適時打で勝ち越しに成功。その裏から登板した森が2死一、三塁のピンチを迎えたが逃げ切った。

 ヒロインとなった中村は「チャンスの場面で気持ちも高ぶっていて、絶対に打つという気持ちと次につなぐ意識で打席に立った。結果が出て良かった」と喜んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月10日のニュース