ロッテ角中、起死回生同点弾 “代役4番”が大仕事

[ 2019年4月10日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―4オリックス ( 2019年4月9日    ZOZOマリン )

9回無死一塁、角中が同点2ランを放つ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ロッテ・角中が起死回生の一発を放った。9回無死一塁で、バックスクリーンへ同点の3号2ラン。不振で2軍落ちした井上に代わって4番に座る男は、試合を振り出しに戻す一発に「クソど真ん中。うれしかった」。

 昨季終了時、井口監督から「試合が終わるまで、シーズンが終わるまで諦めない気持ちでいこう」と言われた言葉を体現。お立ち台では「ホントの4番が戻ってくるまでカバーします!」と話して大きな拍手を浴びていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース