巨人ビヤヌエバ、来日1号から2発 昨季メジャー20発の本領発揮

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―1中日 ( 2019年4月9日    ナゴヤD )

9回1死、ビヤヌエバがこの日2本目の左越えソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 待望の一発に笑顔でベースを一周した。0―1の2回1死で、巨人・ビヤヌエバが左腕・大野雄の148キロ直球を左翼席へ放り込んだ。「ボールがかわいそうなくらい、いい感触ではじき返せた」。来日1号は貴重な同点ソロとなった。

 試合を決定づける一発も放った。9回1死から左越え2号ソロ。「自分自身が待ち望んでいた。一生忘れられない思い出になる。1勝取れたことは凄く大きい」。妻・クラウディアさんと息子・クリスチャンJrくんが見守る前で雄姿を見せた。

 日本野球への適応に苦労もあった。オープン戦では打率・195で、本塁打も最終戦で出た1本のみ。外国人枠の関係で、開幕2戦はベンチ入りできず。いつでも登録できるよう、開幕戦からチームに同行し「与えられたところで、できる限りの仕事をする。最善を尽くすだけ」と腐らず、自分のやるべきことを黙々とこなした。

 2発はいずれも左腕からだった。昨季メジャーで、打率・236、20本塁打だが、左投手に限ると打率・336、14本塁打。昨季チームは打率・232と左腕に苦戦しただけに心強い助っ人だ。

 激しい外国人枠争いについて原監督は「高いところで競い合ってくれる。僕だけ悩めばいいことじゃない?」と語った。「日本の野球に適応していくことが練習、試合を通じてできた」。連敗を2で止めたビヤヌエバはチームを救う一打を放っていく。 (岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース