西武・武隈 四球から自滅…5回途中6四球で5失点「話にならない」

[ 2019年4月10日 21:06 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2019年4月10日    メットライフD )

<西・楽>5回、四球連発でピンチを作る武隈(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 開幕連勝を狙った西武・武隈が四球に泣いた。

 試合開始時点での気温が2・6度。真冬のような寒さの中、4回まで3安打1失点と踏ん張った。

 しかし1点リードの5回、先頭・田中から3者連続四球。無死満塁とし、4番・島内に逆転の2点二塁打を浴びた。

 勝利投手の権利が目前だった左腕はここで降板。4回0/3を4安打6四球5失点に終わった。

 今季は中継ぎから先発に転向し、前回登板では先発として7年ぶりの白星。しかしこの日は乱調で自滅し「今日のようなストライクが入らない投球では話にならない。打者と勝負することすらできなかった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月10日のニュース