東洋大“2日がかり”で開幕戦白星 1年生2投手が活躍

[ 2019年4月10日 05:30 ]

東都大学野球春季リーグ戦 第1週第2日 1回戦   東洋大5―2中大 ( 2019年4月9日    神宮 )

<中大・東洋大>先発した1年生左腕・渡辺(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 東洋大は2日がかりで開幕白星を手にした。1点を追う3回、本職は捕手のDH・山崎基が左前へ逆転の2点適時打。投げては1年生左腕・渡辺が先発デビューし、9回は同じく1年生の河北が3者三振締め。2番手の山下雅が4季ぶり白星を挙げた。

 前日は第3試合に登場し、1―0とリードしながら6回表終了時点で降雨ノーゲームに。帰寮は午後10時すぎだったが杉本泰彦監督は「集中してしっかり仕掛けられていた」とうなずいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース