ソフトBの“マッキー”、マッキー500本受け取る

[ 2019年4月10日 18:25 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―日本ハム ( 2019年4月10日    ヤフオクD )

<ソ・日>ゼブラ株式会社よりハイマッキーを贈呈される牧原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 10日のパ・リーグのソフトバンク対日本ハム戦(ヤフオクドーム)はゼブラ株式会社の協賛試合として行われ、試合前に両軍に「マッキー」500本が贈呈された。ソフトバンクを代表して、愛称“マッキー”こと牧原大成内野手(26)が油性マーカー「ハイマッキー」をかたどった大きなボードを受け取った。

 育成出身で9年目の牧原は今季初めて「1番・二塁」で開幕スタメンを勝ち取った。10試合を終えて、打率・319とリードオフマンとしての存在感を示している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース