中日・与田監督、粘投の大野雄に注文「攻撃のリズムをつくる点では…」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―3巨人 ( 2019年4月9日    ナゴヤD )

力投する中日先発・大野雄(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日は打線が相手を上回る9安打を放ちながら再三の好機をつぶし、接戦を落とした。初回に大島の中犠飛で先制したものの1点を追う4回2死一、二塁で高橋が見逃し三振を喫すると、6回2死一、二塁ではアルモンテが二ゴロ。8回1死一、三塁でも投ゴロ併殺に倒れた助っ人は「それが野球。(相手先発の)山口は失投がなかった」と落胆した。

 ただ、与田監督は6回2失点と粘投した先発・大野雄に言及。11三振を奪う一方で、三者凡退は5回の1イニングだけで「ゲームをつくる意味では良かったが、攻撃のリズムをつくる点では難しかった。主導権を握れなかった」と指摘した。

 10試合を終え借金2という現状に指揮官は「収穫と課題が見えた。結果につながるよう選手を使っていくしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース