ソフトB降雨コールドでドロー 地元凱旋の川島が奮闘「声援が凄かった」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―3日本ハム ( 2019年4月9日    長崎 )

地元・長崎の試合が降雨コールドゲームとなりファンへあいさつする川島(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは延長10回表無死で降雨コールドにより引き分け。工藤監督は「こういうゲームは年間に何試合かある。負けないで終われたのは良かった。投手陣もよく粘ってくれた」と話した。

 川島は出身地・長崎での試合で今季初の先発出場。柳田を故障で欠く中、本職でない左翼の守りもこなした。4回には一時同点の犠飛を放ち「声援が凄かった。打たないかんな、と思った」と地元のファンに感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース