西武あと一歩及ばず連勝ストップ 山川弾で球団9000号王手も

[ 2019年4月10日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―7楽天 ( 2019年4月9日    大宮公園 )

4回無死一、二塁、3ランを放つ山川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は2度も1点差まで追い上げたが、最後まで届かず連勝はストップ。FA移籍した昨年の主将・浅村にも手痛い一発を浴びた辻監督は「1点、足んないって。(浅村には)失投もいいところ。攻め方もだんだんね」と話すにとどめた。

 4点を先行された4回無死一、二塁で山川が5号3ラン。球団9000本塁打にもあと1本と迫ったが、直前の守りでは適時失策。「今日は何もない。ああいうことがないように練習します」と言葉少なだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月10日のニュース