“竜キラー”巨人・山口、7回粘投2勝「要所で強弱つけられた」

[ 2019年4月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―1中日 ( 2019年4月9日    ナゴヤD )

力投する巨人先発・山口(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人・山口が「竜キラー」ぶりを発揮した。

 昨季7試合で3勝0敗、防御率1・80と得意な中日打線を相手に、7回6安打1失点で今季2勝目。7回2死一、三塁では、平田にこの日最速となる152キロをマークして投ゴロに打ち取るなど、「要所で強弱をつけて投げられた」と振り返った。原監督も「粘り強く投げていた。ボールも走っていた」と称えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月10日のニュース