初回いきなり梅ちゃんバズーカ!甲子園で3回連続二盗阻止

[ 2019年4月10日 18:20 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年4月10日    甲子園 )

<神・D>1回無死一塁、打者・ソトの場面で、梅野は神里の二盗を阻む(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 9日に史上74度目(69人目)、阪神では16年7月30日の中日戦での福留以来6人目7度目のサイクル安打を達成した阪神・梅野が初回から魅せた。

 阪神先発・青柳がDeNA先頭・神里の投ゴロを捕球ミスし、無死一塁といきなり走者を出したが、続くソトの6球目に二盗を試みた神里をストライク送球で盗塁刺。“梅ちゃんバズーカ”がさく裂した。前日はサイクル安打達成が目立ったが、捕手として二盗も2回刺しており、甲子園ではこれで3回連続二盗を阻止。左足薬指の骨折をおして出場する猛虎の扇の要の奮闘が光る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月10日のニュース