大谷 最長距離80フィートでキャッチボール 5月中の打者復帰も順調

[ 2019年4月10日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―2ブルワーズ ( 2019年4月8日    アナハイム )

<エンゼルス・ブルワーズ>ベンチでリプレーの映像を見る大谷
Photo By 共同

 右肘手術後のリハビリを進めるエンゼルスの大谷が、これまでの最長より約5メートル長い80フィート(約24・4メートル)の距離でキャッチボールを行った。

 全体練習前に非公開で行われ、ブラッド・オースマス監督は「通常のリハビリのプロセスに従ったもの。問題がない限りはこのまま続けていく」と説明。5月中の復帰を目指す打者としても屋外でフリー打撃を20球こなすなど計45球を打ち込んだ。 (アナハイム・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月10日のニュース