巨人・山口 イースタンで先発、8回8安打1失点と好投

[ 2019年3月19日 19:34 ]

イースタン・リーグDeNA戦で8回1失点の巨人・山口
Photo By スポニチ

 巨人の山口が19日、イースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀)に先発し、8回8安打1失点と好投した。2回は無死満塁、8回は2死満塁を凌ぐなど、走者を出しながらも要所で粘り、最少失点で切り抜け「ランナーがいたなかでも、自分の思ったような感じで投げられた」と手応えを感じた。

 今季最多の8回、107球を投げ、スタミナ面も「確認できて良かった」と収穫を得た。26日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(ジャイアンツ球場)での調整登板を経て、開幕2カード目の初戦、4月2日の阪神戦(東京ドーム)に向かう。「精度がばらついていた。調子を上げていけるようにやっていきます」。2週間の調整で、自身の開幕を万全で迎える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース