ロッテ・角中「技あり」の1号「詰まったから入るとは思わなかった」

[ 2019年3月19日 18:12 ]

<西・ロ>4回 無死 一塁 2ランを放つ角中 
Photo By スポニチ

 ロッテの角中勝也外野手(31)が19日、西武戦(メットライフドーム)で「技あり」の1号を放った。

 「ツーシームなんでしょうけど、僕はシュートだと思って打った。詰まったから入るとは思わなかった」

 西武の新外国人ニールは速球のほとんどが、ツーシーム。打者の手元で微妙に変化するやっかいな球だが、ベテランは最初から曲がりの大きい「シュート」と考えることで、不規則な変化にも対応することができた。

 「聞いてもどうせ、藤原の三塁打のこと書くんでしょ?」と周囲をけん制したが、その表情は明るかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース