ヤクルト青木&バレンティンがアベック弾

[ 2019年3月19日 17:52 ]

<ヤ・広>1回1死、バレンティン(左)は中越え勝ち越しソロを放ち河田コーチとタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木とバレンティンがアベック弾を放った。

 2点を先制された初回、無死一塁から青木がオープン戦1号となる右越え2ラン。「後ろにつなぐ気持ちで打席に入りました。オープン戦とはいえ、1本出てよかったです」。さらに1死後、走者なしからバレンティンがバックスクリーンへ勝ち越しの2号ソロを放った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース