昨季のフィリーズ 試合中に選手がテレビゲーム 激怒のサンタナはバットでTV破壊

[ 2019年3月19日 15:24 ]

カルロス・サンタナ内野手 (AP)
Photo By AP

 昨季のフィリーズは9月下旬に9連敗を喫するなど、終盤に失速して7年ぶりのプレーオフ進出を逃したが、この連敗期間中に一部の選手が試合中にロッカールームでテレビゲームをしていたという。18日にESPN(電子版)など米国の複数メディアが伝えた。

 インディアンスのカルロス・サンタナ内野手(32)は、昨季にフィリーズでプレーしていたが、チームの負けが込む中、よりによって試合中にテレビゲームに夢中になる選手の姿に激怒。ロッカールームに戻り、手にするバットでテレビを破壊したという。

 サンタナはESPNの取材に対し、「名前は言いたくないが、試合中にテレビゲームをしている選手がいた」と話し、「チームが連敗しているのに、そんなことはお構いなし。彼等は他のチームメートや首脳陣、そして球団のフロントにも敬意を欠いていた」と続けた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース