イチロー 日本の投手の投げ方には「ちょっと慣れが必要だな」

[ 2019年3月19日 08:30 ]

プレシーズンゲーム   マリナーズ6-5巨人 ( 2019年3月18日    東京D )

無安打に終わりベンチで厳しい表情のイチロー(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 【イチローに聞く】

 ――三塁への送球については。

 「グリップがちゃんとできていればね。合っていればもっとかかった球は行くんだけどね。これは望みすぎですね。でも機会がないとできないからね。よく(田中俊が)打ってくれましたね」

 ――日本の投手もいろんな投げ方をする。

 「ちょっと慣れが必要だな(笑い)」

 ――明日(19日)の練習は。

 「外でそんなにはやらない。しっかりやるという感じではない。軽く動かすという程度ですかね」

 ――気持ちを高めていく作業に入る。

 「それは勝手に高まるから」

 ――日本の空気はプラスを生むのか。

 「それはそうなるでしょう。みんながそうなるでしょう。でも、みんな明日観光に行くからねえ(笑い)」

 ▼巨人・原監督(イチローについて)本来のバッティングは本人が一番分かっているところだと思うので。ただ動きそのものは、非常に若々しくてまだパワフルであると、外野からのスローイングにおいても、知っている限りのイチローの姿というものであったと感じています。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース