ロッテ・加藤 開幕スタメンを猛アピール!2本の二塁打を含む3安打1打点

[ 2019年3月19日 17:08 ]

<西・ロ>3回、適時二塁打を放つ加藤 
Photo By スポニチ

 ロッテの加藤翔平外野手(27)が19日、西武戦(メットライフドーム)に「2番・右翼」でスタメン出場し、2本の二塁打を含む3安打1打点と開幕スタメンを猛アピールした。

 「1日1日、必死にやっています。3本とも走者を置いて打てたのでよかったです」

 3回2死三塁では新外国人ニールから右翼線に落ちる先制適時二塁打。4回2死二塁は右前打し、6回無死一塁の場面も右中間二塁打した。

 今季、好調の要因の一つだった上げた右足を早めについて、ボールを待つタイミングの取り方など、再確認。バットの角度なども日々、修正する。

 井口監督は「(加藤)翔平も打ったし、外野のレギュラー争いはみんな状態がいい」と高評価。「送らない2番打者」構想を持つ指揮官に最高のアピールとなる猛打だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース