ヤクルト・梅野「勝利の方程式」入り猛アピール 1回完全2K

[ 2019年3月19日 18:27 ]

<ヤ・広>7回から救援し無安打、2奪三振の好投を見せたヤクルト3番手・梅野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・梅野が7回から3番手で登板。1回を完全投球で7回を担う「勝利の方程式」入りを猛アピールした。

 先頭・田中、菊池を2者連続三振に斬った。主力を封じると、続くベテランの途中出場の小窪も中飛に抑えた。最速は151キロ。「追加点を与えたくなかったので先頭打者を切れたことが一番。7回を投げたい。争いに勝っていきたい」と言葉に力を込めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月19日のニュース