巨人ドラ1高橋4回3失点 原監督は評価「相手打者は打ちづらそう」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   巨人2―3ソフトバンク ( 2019年3月13日    ヤフオクD )

初回2死一、二塁、グラシアルに適時打を浴びる高橋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト1位・高橋(八戸学院大)は4回4安打3失点(自責1)に「凄い緊張した。オールスターのような打線。マウンドで気持ちをコントロールできなかった」と反省した。2失点した初回は7人の打者のうち、5人に対して初球がボール球。不利となって、カウントを取りにいった球を痛打された。2死後に二塁・吉川尚の失策で柳田を出塁させた後に3連打を浴びた。

 それでも原監督は「相手打者は打ちづらそうにしていた。印象としてはそんなに悪くない」と話した。次回は21日西武戦(メットライフ)に登板予定。開幕ローテーション入りへ次こそ結果を残す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース