西武・相内が好投 開幕ローテ前進「勝負していくことを意識」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   西武2―2オリックス ( 2019年3月13日    シティ信金スタ )

5回から登板した相内(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 2番手で5回から登板した西武・相内が4回4安打1失点(自責0)と好投した。今春キャンプは1軍スタートも、左膝痛で離脱。患部の不安を解消し、8日に1軍合流してから初実戦も「どんどん(ストライク)ゾーンで勝負していくことを意識した」と力強い投球をみせた。

 榎田、内海の開幕が絶望的な状況だけに、小野投手コーチは「先発候補に入る。(現段階で)ロングリリーフとかには十分使えそう」と評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース