阪神・青柳、5回1失点でローテ当確 制球難克服に矢野監督「2桁勝てる」

[ 2019年3月14日 06:19 ]

オープン戦   阪神4―2中日 ( 2019年3月13日    ナゴヤD )

先発し、5回1失点の好投を見せた青柳    (撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 阪神・青柳晃洋投手(25)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発し、5回4安打7奪三振1失点の快投で開幕ローテーション入りに当確ランプをともした。公式戦とオープン戦を通じてプロでは初の無四球投球。課題の制球面でも大きな進化を印象づけ、大絶賛の矢野燿大監督(50)からは今季の2桁勝利に太鼓判を押された。

 青柳はベストメンバーの中日打線を寄せ付けなかった。初回は平田、大島から空振り三振を奪って発進し、3回2死まで完全。右打者の内角ツーシームでえぐり、外角スライダーでタイミングを外す理想の投球で、テンポ良く打者を斬った。サイドハンドを駆使して舞った快投が敵地のマウンドに映えた。

 「真っすぐ、ツーシームとある程度、コースにコントロールできたので。やりたいことはできたと思う。

 青柳流“2分割投球術”が秘訣(ひけつ)だった。「西さんみたいなコントロールじゃないけど、2分割で内、外(制球が)できたんでスライダー、ツーシームを有効に使えた」。元々、四隅に投げ分ける精密機械ではなく、変則投法を生かした球威が武器。だからこそ内外の「2分割」の投げ分けだけを強く意識して勝負した。

 直球狙いで早打ちになった相手の傾向を察知し、スライダーを多めに配球した坂本の巧みなリードにも導かれて5回1失点。許した4安打のうち2本は内野安打で、捉えられた打球は皆無だった。

 特筆は無四球という事実。公式戦、オープン戦を合わせて4年目で通算34度目の登板で四球なく終えたのは初めてだ。新人の頃、1試合8四死球を数えたこともある制球難を完全に克服した。

 「ファームでもピッチャー有利のカウントをつくって勝負というのは矢野監督にも言われていた。昨年、学んだ事がオープン戦で出せたのは良かった」

 昨季2軍で助言を送ってきた矢野監督も「危なげないどころか完璧に近い。全然オーバーではなくてホントに勝てるピッチング。2桁勝てると思うよ、今日の内容やったら」と賛辞。「今日のピッチングしてくれれば、もうね。それぐらい内容は素晴らしかった」と開幕ローテーション入り当確を示唆した。

 先発5番手をたぐり寄せ、順調にいけば開幕2カード目の巨人戦での登板が濃厚だ。「悪かったら下(2軍)と僕も意識していた。自分の投球をしようと。それができた。1カード目でも2カード目でも与えられたところでやるだけです」。伸び盛りの変則右腕が先発陣に加わった。(遠藤 礼)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース