日本ハム上沢、4回4失点に「思うように投げられない」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム1―5広島 ( 2019年3月13日    マツダ )

3回に3点目を奪われベンチ戻る上沢 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 開幕投手に決まっている日本ハム・上沢が課題の残るマウンドを反省した。広島とのオープン戦で先発し4回を投げ99球を要して、毎回得点となる7安打4失点だった。「思うように投げられないというのが続いている。いいところが見つからないくらいだった」。

 6三振を奪ったものの直球の出来が不本意だった。「全然、体重が乗ってこない。体重移動する方向も違う感じがする」とフォームがしっくりこない様子。栗山監督は「開幕に向けてやってくれると思っている」と話し、上沢も「次までにもっと状態を上げていきたい」と修正を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース