先発転向の巨人・沢村 初実戦で2ラン被弾も納得「体力的には5、6回もいける」

[ 2019年3月14日 21:17 ]

<教育リーグ 巨・楽>ツーシームが課題だったと投球を振り返った沢村(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 巨人・沢村が14日、先発転向後初の実戦に臨んだ。春季教育リーグ・楽天戦(ジャイアンツ球場)に先発し、4回を4安打2失点。2回1死一塁で、山下に対し、ツーシームを選択。「変化をせずに痛打された」と右翼へ2ランを運ばれた。

 2回までに48球を要するも3回は6球、4回は10球で片付け「3回、4回はテンポが良かった。体力的には5回、6回もいける感じがした」と納得の表情を浮かべた。リリーフの時とは異なり、6、7割程度の力感のないフォームながら最速は149キロ。三振も5つ奪った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース