阪神・近本、開幕スタメン前進 2番で2安打1盗塁2得点

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   阪神4―2中日 ( 2019年3月13日    ナゴヤD )

6回無死、近本は左前打を放つ(投手・小熊)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 6試合連続で2番を任された阪神ドラフト1位・近本(大阪ガス)が5試合ぶりマルチ安打と2試合連続盗塁で存在感を見せつけた。4回先頭では1ボールから吉見の内角速球を右前打し、6回先頭ではフルカウントから小熊の速球を今度は左前へと運んだ。

 「チームバッティングだったり、先頭で出塁したり、そういうところで出られたのは良かった」

 4回は二盗、6回はアルモンテの拙守を突いて一気に二塁へ進塁。いずれも後続の安打で生還し、2得点も記録した。「(どの打順でも)その場面場面でやることは変わらないので状況に合わせてやっていきたい」。2番定着へ意気込み十分。開幕スタメンへ向けてまた一歩前進した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース