ソフトB武田、3回無失点快投 5者連続含む7K「感覚つかめた」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク3―2巨人 ( 2019年3月13日    ヤフオクD )

力投する武田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 3番手で登板したソフトバンク・武田が、3回1安打無失点の好投を見せた。直球、変化球の切れが良く、5者連続を含む7三振を奪った。5日の西武戦では3回6失点と崩れていただけに「コースを意識して投げた。このタイミングだな、という感覚はつかめた」と手応えを口にした。開幕ローテーション入りが濃厚な右腕に工藤監督は「見事な投球」と称えた。

 ▼ソフトバンク・東浜(オープン戦初先発で2回1/3を投げ3安打2失点)初回は良かったけど、バラついていた。真っすぐを良くしていかないと。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース