楽天・岸 開幕へ万全7回2失点 「うわずった」直球で失点も即修正

[ 2019年3月14日 17:52 ]

オープン戦   楽天5―2DeNA ( 2019年3月14日    静岡 )

<楽・D>7回2失点の好投を見せた岸(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 開幕投手に決まっている楽天・岸がDeNA戦に先発。7回6安打2失点と順調な調整ぶりを示した。

 球数が100球前後、もしくは7イニングを目処にしていたが、7回86球で降板。「7イニングを投げ切れたのは大きい。でも、今日は100球を投げたかった。それでどれぐらい疲れたとか感じたかった」と振り返った。

 5回まで2安打無失点。6回に3連打で2点を失ったが「久々のイニングで、直球がうわずってコントロールできなかった」。続く7回にはその直球を多めに投げて修正。「最後にストレートで押せたのは良かった」と話した。

 次回登板は中7日で22日の中日戦。そこから中6日で29日のロッテとの開幕戦に臨む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース