ライアン崩れた5失点「同じリズムで投げてしまった」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト9―5ロッテ ( 2019年3月13日    ZOZOマリン )

6回2死満塁、藤岡に適時打を浴びるヤクルト・小川(右はレアード) =撮影・白鳥 佳樹=
Photo By スポニチ

 開幕投手を務めるヤクルト・小川は6回を8安打5失点。10メートル以上の強風が吹き荒れる悪条件の中で5回まで無失点だったが、打者3巡目の6回に5点を失い「同じリズムで投げてしまった。間であったり、フォームであったり、緩急をつけて投げられたら良かった」と悔やんだ。

 開幕前最後の登板となる次回は中7日で21日の広島戦(神宮)先発を予定している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース