イチロー開幕ベンチ入りへ 監督、起用に「考えある」

[ 2019年3月14日 12:05 ]

 米大リーグ、マリナーズのスコット・サービス監督は13日、東京ドームで20、21日に開催されるアスレチックスとの開幕2連戦に遠征する30選手を決めたとした上で、ベンチ入りメンバー28人枠にイチロー外野手(45)を加えることが前提にある方針を示した。

 同監督はアリゾナ州ピオリアで行われたジャイアンツとのオープン戦の際に「イチローをどう起用するかの考えはある。今ここでは言わない」と語った。

 イチローが日本でプレーすれば、2012年以来となる。

 マリナーズでは13日にマイナー降格選手が出てキャンプ参加選手が35人になった。うち5人は故障などで日本遠征に参加しないためイチローや開幕2戦目に先発する菊池雄星投手の遠征メンバー入りが事実上、決定した。

 イチローは昨年5月にフロント入りしてプレーをやめ、今年はマイナー契約の招待選手としてキャンプに参加した。開幕2連戦で一時的に28人に増えるベンチ入りメンバー枠が25人に戻される28日の米国開幕後の処遇については、球団が白紙としている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース