デスパ今季初打席で快音 全力疾走で生還「いい走りだった」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク3―2巨人 ( 2019年3月13日    ヤフオクD )

初回2死一塁、中前打を放つデスパイネ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 7日に来日したソフトバンクのデスパイネが「4番・DH」でオープン戦初出場。初回の第1打席で中前打を放った。「感触は良かった。(打席は)だんだん増やしていければ」と振り返った。内川の中前打で二塁から全力疾走で生還する場面もあり「コンディションはいいので、いい走りだった」と笑顔だった。

 ▼ソフトバンク・内川(初回に中前適時打で、5試合連続安打)チャンスで打ちたいと思っているし、いい感触は出てきている。

 ▼ソフトバンク・グラシアル(2安打2打点)打った球は難しかったけど、良いスイングで結果につなげられて良かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース