ソフトBルーキー2投手が好投 奥村&甲斐野ともに無失点

[ 2019年3月14日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク3―2巨人 ( 2019年3月13日    ヤフオクD )

力投する甲斐野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのルーキー2投手が、初の連投で好投した。ドラフト7位・奥村(三菱日立パワーシステムズ)は2回途中から登板し2/3回を無安打無失点。「体の疲れはなかった」と胸を張った。

 前日にゲレーロに2ランを許し、プロ初失点を喫した同1位の甲斐野(東洋大)も1回無安打2奪三振無失点とアピールし「次は抑えることしか考えていなかった。内容も結果も良かった」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月14日のニュース