楽天・池田 初実戦で3回を3安打2失点 上半身と下半身のバランスの課題「修正できれば」

[ 2019年2月14日 17:57 ]

 開幕ローテーション入りを狙う楽天の3年目右腕・池田が、阪神との練習試合(宜野座)に先発。3回を3安打2失点だった。

 チームにとって今キャンプ初の実戦。その先発マウンドを任された池田は、2回まで1安打無失点だった。しかし3回、1死から連続四球で一、二塁とし、北條に右前適時打。さらに大山の左犠飛で2点目を失った。

 「2回までは良かったが、3回は走者を出してからのセットポジションで制球に苦しんだ」と池田。上半身と下半身のバランスが悪くなったといい、「(課題が)明確になったし、練習、実戦を積み重ねていく中で修正できれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース