阪神・矢野監督 初対外試合白星発進 ドラ1近本は3打数2安打の活躍

[ 2019年2月14日 16:38 ]

<神・楽>7回1死二塁、近本は左中間に適時三塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は14日、キャンプ地の沖縄・宜野座で楽天と練習試合を行い、5―2で快勝。矢野新監督は初の対外試合を勝利で飾った。

 ドラフト1位の近本光司外野手(24=大阪ガス)は「9番・中堅」で先発出場。適時三塁打を含む3打数2安打と活躍した。3回無死からの第1打席では中前打で出塁。積極的に盗塁を試みたが失敗した。5回無死からの第2打席では二ゴロに倒れたものの、1点リードで迎えた7回1死二塁からは貴重な追加点を叩き出す左中間適時三塁打を放ち、50メートル5秒8の快足も見せつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース