ヤクルト 広岡3ラン&満塁弾など若手野手陣が大暴れ

[ 2019年2月14日 15:34 ]

<ヤクルト・KIA>4回1死一、三塁、左越え3ランを放った広岡(左)は河田コーチとハイタッチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは14日、韓国・KIAと練習試合(浦添)を行い、6回降雨コールドで8―2と大勝。若手野手陣が大暴れした。

 4年目の広岡は3ランと満塁アーチを放ち、計7打点の大活躍。「オフから続けてきたことを実戦で出せてよかった」と笑顔で振り返った。2年目の塩見も初回に先頭打者アーチを放てば、同じく2年目の村上も2安打を放った。期待の和製大砲候補は「もっと内容のある打席を増やしたい」と、どん欲だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月14日のニュース